リハビリテーション

 リハビリテーションは、医師の診断と指示のもとで8名の理学療法士(PT)・3名の作業療法士(OT)・2名の言 語聴覚士(ST)の専門スタッフがそれぞれマンツーマン体制(場合によっては複数職種)で行っています。持っている能力を最大限に発揮できるようにお子さ んの発達とご家族の育児援助を行います。また、補装具(杖や歩行器・装具など)、座位保持装置などの紹介や作製にも関わります。
 医師・それぞれの専門スタッフ、保育・学校の先生方と情報交換し連携を深め、お子さんやご家族へのより良い生活支援ができるよう努めていきます。

理学療法(PT)

  基本的な姿勢や動作の獲得、日常生活の向上を目指します。そのためにお子さんに必要な運動機能への働きかけやアドバイスを行っています。基本的な身体活動 (座る・立つなどの姿勢を保つ能力、寝返る・起き上がるなどの姿勢を変える能力、這う・歩くなどの移動する能力)の運動機能全般の発達をお手伝いし、ご家 族への育児指導を行います。

作業療法(OT)

 お子さんの生活・環境を考慮し、遊び、身の回りの動作(食事や着替えなど)練習、学習の準備(書字や文具の使い方、道具の工夫など)、を行い、家庭や学校、社会での活き活きとした生活を目指します。

言語聴覚療法(ST)

 「食べる」ことに困っているお子さんに対して、摂食機能の維持・向上のための練習を行い、言語発達を総合的に促していきます。嚥下造影検査も実施しています。